内視鏡下経蝶形骨洞アプローチの最新手技①

日本赤十字社愛知医療センター 名古屋第二病院 脳神経外科 神経内視鏡センター
永谷 哲也先生

             

内視鏡における画像支援技術の大幅な進歩により、広く普及を見せている拡大蝶形骨法。これに伴い、術者の経験と教育環境の整備が必要と永谷先生は話されます。標準的なアプローチはもちろんのこと、身につけておきたい応用手技についても解説いただきます。ぜひ、ご覧ください。

閲覧にはログインが必要です。

関連記事

一覧へ戻る