内視鏡下経蝶形骨洞アプローチの最新手技③

日本赤十字社愛知医療センター 名古屋第二病院 脳神経外科 神経内視鏡センター
永谷 哲也先生

             

最終の第3回目は、前回から引き続き、経蝶形骨洞経頭蓋同時アプローチと拡大蝶形骨洞アプローチについてです。実際の症例とともに、安全性を考慮したアプローチのポイントや注意点について、理解しておく必要があることなどを詳しく解説いただきました。

閲覧にはログインが必要です。

関連記事

一覧へ戻る